09. 5月 2013 · メトロノームでリズム感を鍛える練習を行いましょう はコメントを受け付けていません。 · Categories: カラオケ

リズム感が悪いと、ビブラートも上手でマイクも上手に使えていても、カラオケで歌うと音痴かのように見られてしまう可能性があります。

逆にビブラートなどの小技ができなくても、リズム感がきちんと備わっているだけで上達しているように見られる場合もあります。

それで真っ先に、カラオケで上手に歌を歌うためにリズム感を鍛える練習を行いましょう。

希望としてはメトロノームがあれば大変良いですが、持っていないときはインターネットからメトロノームのフリーソフトを手に入れるのもおすすめです。
時計を準備してその秒針でトレーニングする方法もあるのですが、時計は秒針の速度を早くしたり遅くしたりすることができないため、訓練にはふさわしくないのです。

メトロノームが使えるようになったら、基礎の基礎である4分の4拍子にしてリズム感を身につけましょう。
慣れるまではそれほど速くない速度にメトロノームをセットし、1・2・3・4と口に出しながら手を叩く訓練を繰り返します。

簡単にできるようになったら、今度は「1」と「3」のみで手を叩くようにして、上達に合わせてスピードを早くします。

共にマスターできたら、今度はリズムの「裏」と呼ばれるものを習得していきます。
これは、メトロノームを使ってリズムを取る際に「1と2と3と4と」と言いながら「と」のところで手拍子をする訓練法なのです。

この手法はカラオケを上達させたい場合大いに効き目のある訓練法として知られているため、リズム感は身についていると思っている人も時にはこの練習を行うことで、さらにリズム感を安定させることができます。

ある程度リズム感がつかめてきたら、ピアノを使った練習も良いです。
とはいっても、アコースティックピアノを持っている人も少ないでしょうし、その時は電子ピアノでも充分に機能は賄えます。

中古の電子ピアノや、エレクトーンも出まわっており、それほど負担にならない範囲で手に入れることもできます。

《参考》 おすすめの電子ピアノは?|電子ピアノの上手な選び方
http://www.piano-kaitori-service.com/denshipianoerabi/13

Comments closed